独スタートアップの「eVTOL」に初採用、デンソーが開発した「電動モーター」の性能

  • 1
  • 9

デンソーは、米ハネウェル・インターナショナルと共同開発した電動航空機用電動モーターが初採用された。電動型垂直離着陸機(eVTOL=写真)の独ベンチャー、リリウムの機体に搭載される。デンソーは他にも複数の電動航空機関連企業と技術交渉を続けており、実績をもとに採用拡大を目指す。

デンソーは電動モーターを構成する回転体のローターと、回転部分を固定するステーターを手がけた。モーターは重さが約4キログラムで出力が100キロワット。電動航空機向けの部品採用は同社として初めて。今後、実用化に向けて開発を加速させる。

日刊工業新聞2022年5月27日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる