骨格検出技術を搭載した「LOVOT」が新しく出来るようになること

  • 1
  • 0

グルーブエックス(東京都中央区、林要社長)は、家族型愛玩ロボット「LOVOT(らぼっと)=写真」に、コニカミノルタが開発した「骨格検出技術」を搭載する。同技術は人工知能(AI)が映像中の人物を自動検知し、骨格を高速に検出することでどんな姿勢かを推定する。かわいがってくれる人に付いて回るLOVOTの動作がよりスムーズになり、スキンシップが図れるという。

人間が立ったりしゃがんだりする姿勢を、AIで検知する。LOVOTがこちらを見ているときに、目線の高さを合わせるようにしゃがむと、近づいてくる精度が向上する。エッジコンピューティングにより、低消費電力も実現する。

日刊工業新聞2022年5月17日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる