オフィスに限らず働き方変革をトータルプロデュース!コニカミノルタの新提案

  • 0
  • 1
短時間の気軽な打ち合わせに、立ち話感覚で利用できるスペース

コロナ禍でテレワークを導入し、必ずしも社員の人数分のスペースを確保する必要がなくなった。オフィスを縮小移転し、経費を削減したい。ニューノーマル(新常態)時代の働き方に合わせた新オフィスが必要だ。そんなニーズに応えるのが、コニカミノルタのオフィス空間設計・構築サービス「Office Right Sizing(オフィス・ライトサイジング)」だ。

同サービスは、働く環境に関する顧客企業の課題を聞き出し、新しいオフィスデザインを提案するコンサルティングサービスだ。同社で内製化しているデザイナーや営業担当者、プロダクトマネジャーが一つのチームとなって、顧客のオフィス移転・改装計画が、最適なスケジュールかつコストで行われるよう管理。引っ越し業者や工事業者、ビル管理会社の仲介も行う。

例えば、これまで島型固定席だったオフィスをフリーアドレス化したいという企業には「単にオフィスの席数を減らすだけではもったいない」とアドバイス。オンライン会議用の個別ブースや、発想を膨らませるアイデア出しのスペースなど、個人が作業シーンに応じてオフィス内で執務空間を選べるよう提案する。

コニカミノルタが同サービスを始めたのは、複合機の販売時に顧客からオフィス空間も設計してほしいとの要望があったことがきっかけ。コニカミノルタジャパンの宮本晃空間デザイン推進部長は「プラスαのサービスとして始めた」と話す。実際、同サービスはオフィスデザインだけではなく、文書管理のノウハウやテレワークの円滑化を支援する情報通信技術(ICT)環境構築サービスなどの提供も行う。働き方変革をトータルでプロデュースするのが、同サービスの特徴だ。

コロナ禍でオフィス縮小移転需要が増えたことを受け、2020年夏に新サービスとして提供を始めた。足元の引き合いも堅調で「同サービスを紹介するウェブセミナーには100人からの申し込みがあった」(宮本部長)という。

宮本部長は「オフィスを縮小するかどうか決めてなくても、次の(働き方に関する)戦略に悩んでいる経営層は多いはず」と確信している。23年度に50件の契約を目指す。(張谷京子)

関連する記事はこちら

特集