【キーワード・30秒解説】育児・介護休業法

  • 0
  • 0
パパの育児参加を国が後押し

正式名称は「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」で、育児や介護が必要な従業員が継続的に働き続けることを支援する。2021年6月の改訂でより育児休業が取得しやすくし、男性の利用を促す。22年4月以降3段階で施行。4月から育児休業・産後パパ育休が取得しやすい環境整備が義務付けられ、10月に産後パパ育休(出生時育児休業)創設、育児休業の分割取得が認められる。23年4月では従業員1000人以上の企業で育児休業取得状況の公表が義務化される。

《育児・介護休業法の今がわかるニュース》
 JR東日本が自己都合休職見直し、新人事制度の全容
 なぜ日本は男女間格差の解消が進まないのか、その理由と処方箋
 テレ朝・板倉アナ「心苦しさを感じてしまった」。男性育休を企業成長につなげるカギは?

【「育児・介護休業法」の記事をもっと読みたい】

ニュースイッチオリジナル

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる