トヨタが社会実装支援へ、探索する大学の革新技術の領域

  • 1
  • 2

トヨタ自動車は、先端技術共創機構(ATAC、東京都文京区、川上登福社長)と連携し、大学が有する革新技術を探索する活動を始めた。同技術の社会実装を支援する取り組みも進める。

活動の一環として東京大学、東京工業大学、名古屋大学と技術インキュベーションにおける連携協定を結んだ。今後、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)、ロボット、半導体といった幅広い領域で資金調達など事業化支援を行う。すでに50弱の研究室や大学発スタートアップと議論を始めているという。

日刊工業新聞 2022年4月1日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる