軽トラをオーダーメードでキャンピングカーに、実現する「箱」がスゴい

  • 1
  • 3
顧客の要望に応じて箱をカスタマイズして軽トラックなどに設置し、キャンピングカーなどに仕立てる

マッシュアップ(千葉県木更津市、大久保淳二最高経営責任者〈CEO〉)は、ハウスオンザモビリティ(千葉市中央区)と連携し、キャンピングカーの受注生産サービスを始めた。顧客の求めに応じ、オーダーメードで設計・製造する。近年高まるキャンプ人気の需要を取り込む。ほかに移動式キッチンカーやサウナカーの受注生産にも応じる。年間30台の販売を目指す。

マッシュアップが始めたキャンピングカーなどの受注生産サービスは、ハウスオンザモビリティの中台友章社長が独自開発した箱を、顧客の要望に応じてカスタマイズする。その箱を軽トラックなどの荷台に設置してキャンピングカーやキッチンカー、サウナカーに仕立てる。参考価格は消費税込みで60万円から。

箱は前方からの風を受け流す設計とし、トラックに搭載して移動する際の落下リスクを抑えた。箱の内部に空調機器などを追加できる。車種に応じて設計し、箱のみの販売にも応じる。

ハウスオンザモビリティの中台社長は、箱の開発のきっかけを「台風で自宅が被災した友人のために(仮設住居として使える)試作品を作ったこと」と説明する。その後、箱を設置した試作車の作製などを経て、用途に応じた受注生産サービスを事業化した。一方で、同社は販売ノウハウが乏しいため、知人を介してマッシュアップの紹介を受けた。

マッシュアップは輸入車販売やレンタカー事業が主力。キャンプ人気が高まる中、キャンピングカー需要が堅調に推移すると判断し、ハウスオンザモビリティとの提携を決めた。マッシュアップの大久保CEOはキャンピングカーなどの受注生産サービスを「新しい事業の柱にしたい」とする。生産能力の拡充を検討する方針だ。

日刊工業新聞2022年3月24日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる