スズキが100万台販売の「バレーノ」全面改良、その性能は?

  • 0
  • 1
ハッチバック車「バレーノ」

スズキはインドでハッチバック車「バレーノ」を全面改良して発売した。スマートフォンと接続可能なタッチパネル式ディスプレーオーディオの採用で、全方位モニターに対応するなど先進装備を拡充した。後部座席の快適性を高め、内外装デザインを変更した。

今回初めて全面改良した。ヘッドアップディスプレーを採用し車速やエンジン回転数、瞬間燃費などの情報をフルカラーで見やすくした。車載通信機を標準搭載としてコネクテッドサービスにも対応する。

後部座席はエアコン吹き出し口やUSB充電ソケットを備えた。外観は大胆さを強調するデザイン、内装は柔らかさを強調するデザインとした。

バレーノは2021年11月にインド国内販売で累計100万台を達成した。今後、中南米やアフリカ、中東への輸出を順次始める。

日刊工業新聞2022年3月1日

キーワード
インド バレーノ スズキ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる