ホンダが挑むEVを蓄電池として活用する実証実験の中身

  • 1
  • 0
鈴廣蒲鉾本店と、共同実証に用いるEV

ホンダは、研究開発子会社の本田技術研究所が鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市)と共同で電気自動車(EV)を蓄電池として活用する実証実験を始めた。鈴廣は移動にEVを活用し、使わない時は必要に応じてEVから本社社屋に給電する。ホンダは実証実験を通じて効率的な電力活用方法を検討し、エネルギーマネジメントシステム(EMS)の構築に生かす。実証実験の期間は2023年2月まで。

ホンダが新たに開発したEMS「パワーコントローラー イーコンセプト」を用いる。電気料金が安い時間にEVを充電、高い時間にEVから社屋に給電し、電気代の削減を図る。パワーコントローラー イーコンセプトに搭載した人工知能(AI)が、社屋にある太陽光発電システムのデータなども踏まえた上で電力需給を予測する。

ホンダは、鈴廣の従業員が入力したEVの利用予定を元に、消費電力を抑えて短時間で移動できるルートを提案する運行管理システムも提供する。

日刊工業新聞2022年2月25日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる