証券業界で就業時間の禁煙化、大和証券が野村HDに続く

  • 0
  • 1

大和証券グループ本社は2022年1月から、就業時間内の禁煙を実施する。国内のグループ全社員が対象で対象者数は約1万3000人。各事業所内の喫煙室を全て廃止し、健康確保と生産性向上を目指す。

今後も喫煙者に対する支援として、禁煙補助薬の購入・治療費の補助や保健指導などを継続する。08年から医務室での社員向け禁煙外来を開始。国内の全社員が医務室で受診できる「オンライン禁煙外来」などの喫煙対策を実施してきた。

証券業界では、野村ホールディングス(HD)が10月から就業時間内の全面禁煙を始めた。就業時間内の禁煙化の動きが進んでいる。

日刊工業新聞2021年12月3日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる