「ローカル5G」に参入するソニーワイヤレスコミュニケーションズ、社長が語った展望

  • 0
  • 0
「ニューロ・ワイヤレス5G」で利用するホームルーター

ソニーワイヤレスコミュニケーションズ(東京都港区、渡辺潤社長)は、第5世代通信(5G)を地域限定で利用できるローカル5G事業に参入し、集合住宅向けインターネット接続サービス「ニューロ・ワイヤレス5G」を2022年春頃に始める。利用料金は未定だが、ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)が提供する光回線サービスと同等の月額5000円前後を想定する。

ニューロ・ワイヤレス5Gは、サービスエリアならホームルーター(写真)を設置するだけで利用可能。利用者やエリアを限定した独自ネットワークで、アクセス集中が発生しづらく安定して通信できる。無線通信のため、光回線を通線できない集合住宅でも高速なインターネット接続サービスの利用が可能となる。7日間は試用期間として無償での利用を可能としている。

渡辺社長は「まずはエリア限定で個別最適化したサービスの提供を進める。ソニーグループはエンターテインメント領域との連携や放送機器の無線化にも取り組んでおり、法人向けサービスの展開も視野に入れる」とした。

日刊工業新聞2021年11月30日

関連する記事はこちら

特集