駅舎やトイレで採用された「光触媒塗装鋼板」、新型コロナの不活化効果あり

東邦シートフレームが確認

  • 0
  • 1
クレアパート ピュアクリーンコートパネル(東邦シートフレームサイトより)

東邦シートフレーム(東京都中央区、鈴木康友社長)は、光触媒塗装鋼板「ピュアクリーンコートi」の新型コロナウイルス(SARS―CoV―2)に対する不活化効果を第三者機関の抗ウイルス試験を通じて確認した。光触媒塗装面に同ウイルスを接触させると、蛍光灯下で一定時間経過後に、ウイルスが人に感染する力「ウイルス感染価」が99・9%以上減少した。

ピュアクリーンコートiは可視光応答型の光触媒を用いた塗装鋼板。塗膜内の光触媒が蛍光灯や発光ダイオード(LED)などの光に反応、表面に活性酸素を発生し、有害な有機物を分解する。抗菌や防カビ、抗インフルエンザなどの機能も有している。塗膜に導電性があり、静電気による塵やホコリの付着を防ぐ。駅舎やトイレ、クリーンルームなどに採用されている。

また、ピュアクリーンコートiは海外企業の日本法人が所有する工場などにも採用されている。同社は今後、企業との協力も含め、新型コロナウイルス感染症対策として同製品の活用の場を模索する。

日刊工業新聞2021年11月25日

キーワード
東邦シートフレーム

関連する記事はこちら

特集