受注売上5割増、解禁「ボージョレ」に家飲みの追い風

  • 0
  • 0
売り場でワインを手に取る来店客(西武池袋本店)

2021年のボージョレ・ヌーボーが18日解禁となり、店頭での販売が始まった。そごう・西武の西武池袋本店(東京都豊島区)では、酒類売り場にコーナーを設け、販売員による接客を行っている。来店客が売り場の前で足を止めてワインを手に取ったり、販売員の説明に耳を傾けたりしてワイン選びを楽しんでいる姿が見られた。

そごう・西武では店頭販売に先立ち、9月下旬から電子商取引(EC)サイトでの予約受注を実施。新型コロナウイルス感染症を契機にした家飲み需要の拡大を受けて、受注売り上げが前年比約50%増と好調だった。

季節イベントの盛り上がりを踏まえ、これから迎える年末商戦の期待も高まってきた。

日刊工業新聞2021年11月19日

関連する記事はこちら

特集