最高回転速度が2倍に、DMG森精機が毎分3万回転の高速主軸を発売

  • 0
  • 8
加工時間を短縮できる「スピードマスター」新モデル

DMG森精機は、高速主軸「スピードマスター」の新モデルを発売した。最高回転速度が従来比最大2倍となる毎分3万回転の仕様で、加工時間を大幅に短縮できる。価格は220万円(消費税抜き)。

発売した「スピードマスター30k=写真」は、同社の横型マシニングセンター(MC)と立型MC、5軸制御立型MCの機種に搭載可能。高出力モーターの搭載により、3万回転でも一般的な鋼材の荒加工から仕上げ加工まで幅広い加工に対応する。

主軸ラビリンス構造を強化したことで、主軸内への切削液(クーラント)の浸入を防げる。高剛性なベアリングを採用し、主軸回転時の振動を抑制。高精度加工により面品位が向上し、金型加工後の人手による磨き作業を低減できる。カートリッジ構造により、主軸交換作業を大幅に短縮できるほか、3年間の無償保証を設定した。

加工時間の短縮により、二酸化炭素(CO2)排出量や消費電力を従来比最大24%削減でき、生産現場の環境負荷低減にもつなげられる。


【関連記事】 工作機械の再編劇、次はどこで起こる?

日刊工業新聞2021年11月12日

キーワード
DMG森精機

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる