ソニーグループが国内社員4万人に展開、「AIリテラシー研修」の中身

  • 0
  • 8

ソニーグループは、グループ各社の国内の社員約4万人を対象とした独自の人工知能(AI)リテラシー研修を導入した。技術系や事務系の社員も対象。AIへの理解の底上げを狙う。

ソニーグループは2021年度からAI人材の育成強化に取り組んでいる。研修により日常的に活用する能力の取得や、新たなサービスの創出などにつなげる。

初心者は必須受講となるAI概論や、技術活用アイデアの考え方、独学法、具体的なAIツールの活用法など全6テーマで構成する。対象となる社員は11月末までにeラーニング形式で受講する。

ソニーグループはグループ会社含めて国内約5万人ほどの社員が在籍する。AIリテラシー研修では、金融や音楽など一部の事業は対象から外れているが、システムを整備して将来的には導入を目指す。

日刊工業新聞2021年11月11日

キーワード
ソニーグループ

関連する記事はこちら

特集