村田製作所が57億円投資、携帯向けRFモジュールで新棟

  • 1
  • 8
小諸村田製作所に建設する新棟(イメージ)

村田製作所は、生産子会社の小諸村田製作所(長野県小諸市)に携帯電話など向けRFモジュールの新棟を2022年末に建設する。建物と生産設備含めた投資額は約57億7000万円で、23年春めどに稼働する。同製品を生産している老朽化した既存棟を建て替え移転し、生産効率を高めて、中長期的な需要増に対応していく。

新棟は5階建てで、延べ床面積は1万3460平方メートル。新棟稼働後の生産能力は非公表。RFモジュールは携帯電話、タブレット、モバイルルーターなどに搭載される無線通信機器で、グループでは同社と岡山村田製作所(岡山県瀬戸内市)、小松村田製作所(石川県小松市)が生産している。電子機器の小型化・高機能化による同製品の需要増を見据え、供給体制を整える。

日刊工業新聞2021年11月5日

関連する記事はこちら

特集