アジアの有力ベンチャーがしのぎを削る!優勝企業は?

  • 1
  • 0
優勝した「Tectonus Limited」

アジアを中心とする技術系スタートアップが社会課題の解決につながるビジネスアイデアを競う「アジア・アントレプレナーシップ・アワード2021」(AEA2021)が10月27日から28日に開催され、制震ダンパーを開発するニュージーランドの「Tectonus Limited」が優勝した。「ヘルスケア」、「ワーク&ライフスタイル リフォーム」、「サステナビリティ」の3つに関連したソリューションを持つ、アジア各国・地域の30社が参加した。

各務茂夫運営委員会委員長は「環境問題や医療など社会課題への意識が高い起業家が増えた。アジアでは過去のレガシーにとらわれないビジネスが生まれている」と総括した。

優勝した「Tectonus Limited」は、地震の際に構造物の中心を再配置する機能を持った建築物用、液体貯蔵タンク用の制震ダンパーを製品化している。審査員はすでに製品化されており、引き合いも多いことを評価した。同社はマイクロソフト賞も受賞した。

準優勝はタイの「More Foods Innotech」。従来よりも低塩で低糖の健康に配慮した植物肉を開発する。3位はベトナムの「Biomass Lab」で、製紙スラッジを加水分解し作るバクテリアセルロースの開発を手掛ける。

日本からはOnikleが特別賞の「IP Bridge賞」を受賞した。人工知能(AI)によるレコメンドで科学者の論文検索時間を削減するサービスを手掛ける。審査員はイノベーションを促進する可能性があると評価した。

ニュースイッチオリジナル

キーワード

関連する記事はこちら

特集