東京・日本橋で築30年のオフィスビル改修、1階を豪州発コーヒーショップに用途変更した事情

  • 0
  • 1
改修した複合施設「スプラウト日本橋浜町」

安田不動産は、東京・日本橋に築30年のオフィスビルを改修した複合施設「スプラウト日本橋浜町」を28日に開業する。エントランスや外装などを改修したほか、日本橋浜町エリアのにぎわいを創出するため、1階の事務所を手工芸品の店舗と豪州発のコーヒーショップに用途変更した。路面型店舗の開発を通じ、エリアの魅力や活力向上を目指す。

新施設は地上9階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は約1600平方メートル。オフィスフロアはクリエイターやベンチャーを主な対象とし、木製のパーティションで自由にスペースを変更できる設計にした。

1階の店舗は、若手作家の陶芸や革製品などを展示販売する店舗を誘致。同社の日本橋浜町における街づくりのコンセプト「手しごと」が見える場所とする。豪州発のコーヒーショップ「シングルオー」は、10秒でコーヒーを提供することが特徴。月額課金での販売を予定する。

日刊工業新聞2021年10月22日

キーワード
安田不動産 日本橋

関連する記事はこちら

特集