ベールを脱いだ「ホンダジェット」新型機構想、その全容は?

  • 0
  • 3

ホンダは、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の新型機の開発構想を公表した。現行機よりも大型化し、最大航続距離を現行機比約1・8倍の約4862キロメートルに伸ばす。米大陸を無給油で横断できるようにすることを目指す。当面は需要動向の検証を進める。

航空機事業子会社の米ホンダエアクラフトカンパニー(ノースカロライナ州)が、ラスベガスのビジネス航空機ショーで構想を発表した。新型機の名称は「ホンダジェット2600」(飛行イメージ)。主翼上面のエンジン配置など独自技術を取り入れるとともに、燃費向上を目指す。最大11人の乗員・乗客が搭乗でき、長距離飛行に適したキャビン空間を備えるという。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、オンラインイベント「失敗パターンから学ぶ 製造業AI導入のカギ 〜AIプロジェクトのリベンジを目指して〜」を開催します。
本セミナーでは、特集「AIは幻想かー導入現場のリアル」の執筆を手がけた、AI開発スタートアップLaboro.AIの代表取締役CTO 藤原弘将氏が、製造業の代表的なAI導入ケースである異常検出、需要予測、故障予知、安全管理、工程スケジューリングをテーマに取り上げ、それぞれのアンチパターンを紹介し、AI導入プロジェクトを成功に導くためのヒントを提供します。

2021/10/20(水) 14:00 ~ 15:30
<<申し込みはこちらから>>
参加料:¥7,700(税込)
申し込み締切 2021年10月19日(火)12:00

【連載】AIは幻想か―導入現場のリアル

日刊工業新聞2021年10月14日

キーワード
ホンダ

関連する記事はこちら

特集