出荷台数7倍に急拡大、パナソニックが人気の「スポーツ型電動アシスト自転車」売り込み強化で一手

五輪競技「ケイリン」の技術を搭載

  • 0
  • 6
パナソニックの電動アシスト自転車スポーツタイプ「XU1」

パナソニックは、電動アシスト自転車のスポーツタイプ「XU1」を発売した。同自転車は東京五輪の自転車競技「ケイリン」用に納入した先導車用電動アシスト自転車のノウハウを応用した。走行時の安定性を重視したハンドルの使いやすさと、フレームの中心部を同社従来車種比40ミリメートル下げたことで乗る際にまたぎやすくした。

価格は25万1000円(消費税込み)で青系、白系の2色。国内で初年度計400台の販売を計画する。

ペダルを踏み込んだ力を直接駆動部に伝える機構の採用により、滑らかで力強いアシスト制御も実現。バッテリーはフレームと一体化した仕様でスポーツ用らしい見た目にしたほか、軽快な走行感を楽しめるようにした。

コロナ禍で密を避ける移動手段の需要や健康志向が高まっており、パナソニックの同自転車スポーツタイプの2020年度の出荷台数は5年前から約7倍に急拡大した。ラインアップの拡充で売り込みを強化する。

日刊工業新聞2021年8月9日

キーワード
パナソニック 自転車

関連する記事はこちら

特集