水素1.1リットルで100km走行!「燃料電池の電動アシスト自転車」事業化へ

  • 0
  • 23
試走する長崎山梨県知事

山梨県と山梨大学は、日邦プレシジョン(山梨県韮崎市、古屋俊彦社長)などと共同開発した国産燃料電池(FC)を使用した電動アシスト自転車の試作機を公開した。水素1・1リットルで約100キロメートル走行可能。リチウムイオンバッテリーを使った従来の自転車に比べ大幅に走行距離が長い。11月に完成、22年度の事業化が目標。長崎幸太郎山梨県知事は「水素・燃料電池産業の振興に取り組んできた成果の一つ。これからも研究、製品開発を後押しする」としている。

燃料電池スタックは出力250ワット。スタックや制御回路、水素タンク部分の重量は現状約8キログラムだが、今後小型・軽量化して約4キログラム以下を目指す。

同日に山梨大燃料電池ナノ材料研究センターで開いた完成披露式で同大の島田眞路学長は「燃料電池研究、実装でも日本一を目指して頑張っている。県内企業がこのような製品を開発したことは大変よろこばしい」とした。燃料電池スタック、システム開発を担った古屋社長は「本年度で事業は終了だが、引き続き燃料電池システムの開発、事業化に向けて取り組む」と意気込みを語った。

山梨県と山梨大は水素社会実現に向け「やまなし水素・燃料電池バレー」創成を目指しており、今回のプロジェクトはその一環。

日刊工業新聞2021年6月1日

関連する記事はこちら

特集