手洗いや転倒を検知。ファーウェイの腕時計型新端末が面白い

  • 0
  • 0

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン、東京都千代田区、陳浩〈ジェームス・チェン〉社長)は、腕時計型端末「WATCH(ウオッチ)3=写真」を8月以降に発売する。手洗い検出や転倒検知などの機能を備え、多様な観点で健康管理をしたい需要を取り込む。価格は5万380円(消費税込み)から。家電量販店や電子商取引(EC)サイトで販売する。

手洗い検出機能は手を洗い始めたことを端末が検出し、20秒継続して洗った時点で通知する。転倒検知では装着者の転倒が検知されてから一定時間が経過すると、事前に登録しておいた連絡先に自動で緊急連絡を行う。

13日にオンラインで開いた新製品発表会では、タブレット端末やイヤホン、eスポーツ向け大型モニターといった機器も訴求した。スマートフォンに関する発表はしなかった。楊涛(ヤン・タオ)ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントは「これからも素晴らしいユーザー体験を届けていきたい」と述べた。

日刊工業新聞2021年7月14日

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる