物流倉庫の人員配置を効率化、ローカル5G×AI画像分析で効果あり

  • 0
  • 5
ローカル5GとAIを使った実証実験(イメージ)

東急不動産とNTT東日本、PAL(大阪市西区)は15日、ローカル第5世代通信(5G)と人工知能(AI)画像分析技術を使うことで、物流現場の人員配置を効率化できることを確認したと発表した。NTT東の実験施設「ローカル5Gオープンラボ」(東京都調布市)で実際の物流現場を再現した実験を行った結果、作業者ごとの詳細な動線を把握できたという。2022年度に実際の物流倉庫に実装を目指す。

実験施設で物流倉庫を模した環境を構築し、物流現場で想定される作業を複数人で実施。その状況をローカル5Gを通じた高精細カメラで撮影し、その映像データをAIで分析した。ローカル5Gの高速大容量通信を活用したAI分析により、人物の検知・特定と追跡が行え、作業者ごとの詳細な動線を把握できたという。動線の見える化で、物流倉庫における最適な現場レイアウトの設計や人員配置の適正化が可能となり、物流業務の効率化が期待できる。

今後はカメラを活用した自動検品や自動搬送機を使った実証実験も予定している。

日刊工業新聞2021年6月16日

関連する記事はこちら

特集