物流ロボット「バトラー」、ニトリに80台の実績ひっさげ営業攻勢

物流倉庫内で自律走行するロボ「バトラー」
 グレイオレンジ(東京都千代田区、ジェフ・キャッシュマン最高執行責任者〈COO〉、03・6257・1968)は、物流現場向けに倉庫作業自動化ロボットシステムや、自律移動式ロボット「バトラー」を拡販する。物流現場に多くの顧客を持つオークラ輸送機(兵庫県加古川市)と代理店契約を結んだ。同社経由だけで2020年3月までにシステムで2件、バトラーで100台、金額で6億円程度の売り上げを目指す。

 バトラーは人工知能(AI)の独自アプリケーション(応用ソフト)を搭載し、状況が刻々と変化する倉庫内の状況をリアルタイムで分析し、最適対応できる。この点を訴求し拡販を図る。オークラ輸送機もバトラーの営業チームを計7人で発足させたほか、本社工場に年末をめどにバトラーのPRデモ施設をオープンする。

 バトラーの国内の累計販売は250台。「ニトリ」に80台、トラスコ中山の物流センター「プラネット埼玉」(埼玉県幸手市)に73台、同社の東北拠点に50台弱、大和ハウス工業に30台に販売した。20年以降、数年で数倍規模に拡大させる。

 少子高齢化を背景に物流現場の人手不足や賃金上昇が加速している。グレイオレンジはロボット需要がこれからさらに増えると見ている。

 eコマース(電子商取引)の台頭に加え、日本の消費者は注文当日の配達など物流への品質要求水準が高い。「人手対応では限界がある。商品個数や品番増加で入力ミスやエラーをなくすためにもロボット導入が不可欠になる」(キャッシュマンCOO)という。

<関連記事>
世界の半導体工場で、揺るぎない信頼を集めるクリーン搬送装置

日刊工業新聞2019年10月4日

関連する記事はこちら

特集