全国初の公道設置!EV用急速充電器の実証実験始まる

  • 0
  • 0

横浜市とイーモビリティパワー(東京都港区、四ツ柳尚子社長)は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)用急速充電器を公道に設置して有用性や課題を検証する実証実験を始めた。「道の駅」の駐車帯などを除くと公道への設置は全国初。今後は充電インフラの普及拡大と設備を活用した新たなまちづくりを進める。

横浜市青葉区の県道140号川崎町田線沿いに、同時に2台充電可能な120キロワット級急速充電器1基を設置。駐車禁止の該当路線に充電中のみ駐車可能な枠を設ける。実証は2022年4月まで予定。横浜市とイーモビリティパワーは20年3月に連携協定を結んでおり、今回の実証もその一環。

8日の開始式(写真)で林文子市長は「アクセスが良く24時間使える。実証結果を生かし充電インフラ整備・脱炭素化を進める」と述べた。四ツ柳社長は「充電器が自宅に設置できない人や運輸業界の配送車両が利用しやすい。視認性が高く、EV普及を促進する」とした。

オンラインセミナーのご案内

ニュースイッチでは、全固体電池に関連したオンラインイベント「全固体電池入門の入門 第2回 ビジネス視点で解説 自動車業界へのインパクト」を開催します。
講師はホンダでリチウムイオン電池の開発に携わり、その後、サムスンSDIの常務として電池事業の陣頭指揮をとり、現在は名古屋大学未来社会創造機構客員教授でエスペック㈱上席顧問を務める佐藤登氏です。
昨年には「電池の覇者 EVの運命を決する戦い」(日経新聞社)を上梓、業界に最も精通する同氏と、日刊工業新聞の自動車担当記者が「ここだけの話」をします。

2021/7/2(金) 14:00 ~ 15:30
<<申し込みはこちらから>>
一般 :¥5,500(税込) 前回参加者 :¥4,400(税込)
※前回(5月21日)参加された方は、特別料金(1,100円割引)にてお申込いただけます。お申込方法は、別途お送りしているメールをご確認ください。
申し込み締切
2021年7月1日(木)12:00

日刊工業新聞2021年6月9日

関連する記事はこちら

特集