第一生命が「コロナ保険」発売。感染者数で保険料変動

  • 0
  • 0

第一生命保険は、新型コロナウイルス感染症の新規感染者数に応じて保険料が変動する「特定感染症保険」を販売する。子会社の第一スマート少額短期保険を通じて9日に発売した。手続きの利便性や商品の分かりやすさを前面に打ち出し、ミレニアル世代やデジタルネーティブ世代との接点拡大を目指す。

スマートフォンで保険の申し込みから支払いまで完結する新ブランド「デジホ」の第1弾商品。新型コロナを含む特定の感染症に罹患(りかん)した際、給付金10万円が支払われる。4月に加入した場合、保険料は3カ月で980円。医療従事者らエッセンシャルワーカーのほか、罹患すると収入が絶たれるフリーランスの需要を見込む。

新型コロナを含む所定の感染症を保障する「コロナ保険」は、太陽生命保険などが販売しているが、感染状況で保険料が変動するタイプは生保初という。

日刊工業新聞2021年4月8日

関連する記事はこちら

特集