「顔パス」で機内に搭乗。成田・羽田空港でシステム実証

  • 0
  • 0
成田空港の自動手荷物預け機の利用イメージ

成田国際空港を運営する成田国際空港(NAA)と羽田空港国際線旅客ターミナルビルを運営する東京国際空港ターミナル(TIAT)は、NECの顔認証技術を搭載したシステムを活用し、新たな搭乗手続き「フェイス・エクスプレス」の実証実験を13日に始める。

航空機に搭乗する利用者が所定の手続きで顔写真を登録すると、その後のチェックインや手荷物預け、保安検査、搭乗ゲートなどにおいて、従来必要であった搭乗券やパスポートを提示することなく“顔パス”で通過し手続きできる。

参加する航空会社は日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)。今後、順次拡大していく。羽田空港での実証は初めて。いずれも7月から本格運用に入る。これにより、従来の煩わしい搭乗手続きが円滑になる。非接触で手続きができるため新型コロナウイルス感染症対策として接触リスクが軽減される。

NECは、顔認証など生体認証技術を活用したシステムをこれまで世界約50の空港に提供してきた。顔や虹彩を使った生体認証による共通のIDで、複数の場所やサービスにおいて顧客へ一貫した体験を提供するコンセプト「NECアイディライト」を掲げている。

日刊工業新聞2021年4月8日

キーワード
成田空港

関連する記事はこちら

特集