一般道路に対応した高精度3次元地図データ、DMPが23年に導入予定

  • 0
  • 1
自動運転の高度化に不可欠な高精度3次元地図

ダイナミックマップ基盤(DMP、東京都中央区、稲畑広行社長)は自動運転向けに、一般道路に対応した高精度3次元地図データ(HDマップ)を2023年度に導入する。現在は高速道路と自動車専用道路にのみ対応しており、20年度の対応路線は計3万1777キロメートル。23年度に約8万キロメートル、24年度に約13万キロメートルに増やしていく。先進運転支援システム(ADAS)や自動運転に役立つとDMPが判断した路線を選び、収録する。

HDマップは全地球測位システム(GPS)やカメラ、高機能センサーのLiDAR(ライダー)などを用い計測、整備した点群データをもとに、実在する信号機や、車両制御に必要な車線中心線などを搭載している。一般的なデジタル地図よりも精度が高い。

DMPはHDマップの開発、販売に向け、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)参画企業と自動車メーカー10社が出資して設立した企業。

日刊工業新聞2021年4月8日

関連する記事はこちら

特集