3Dプリンターで模索する匠の技、自動車テールランプ向け金型冷却部品を製作

南信精機製作所が試験採用

  • 0
  • 1
3Dプリンター製部品のサンプル

【諏訪】南信精機製作所(長野県飯島町、片桐良晃社長)は、3Dプリンターの積極活用を視野に、同プリンターで製作した樹脂成形金型用の冷却部品を試験採用する。近く、自動車のテールランプなどに使うソケット部品の成形用金型などに用いて、冷却性能をはじめとする機能性を検証する。結果を踏まえて、早ければ5月にも正式採用に踏み切る考えだ。

このほど、近畿経済産業局が行ってきた3Dプリンターの導入検証や普及を目的とする「Kansai―3D実用化プロジェクト」に参画し、金型冷却部品の設計図を提供した。

同プロジェクトでは、複数機種の3Dプリンターを用いて、複数の加工会社が南信精機製作所向けの金型冷却部品を作製した。それらの部品を基に面粗度や、冷却フィンのアスペクト比などを検証したところ、「形状としてはおおむね問題がなかった」(片桐社長)。ただ、配管内の面粗度などに課題が見られたという。

同社では現在、内製化する樹脂成形金型用の冷却部品を切削加工で作製している。今回の3Dプリンター製冷却部品の本格検証を踏まえて、製造コストの削減効果や製品精度など、その長所・短所を見定める。その結果次第で、今後、3Dプリンターの導入活用も視野に入れる。


【関連記事】 「2メートル角」対応、世界最大クラスの金属3Dプリンター開発へ

日刊工業新聞2021年4月6日

関連する記事はこちら

特集