コンセプトは”ペットボトルの水”、パナソニックの持ち運び型蓄電池

  • 0
  • 0

コンセプトはペットボトルの水を持ち運ぶように―。パナソニックは24日、充放電器から取り外して使える持ち運び型蓄電池「イーブロック=写真上」の受注を5月21日に始めると発表した。停電時の備えや、コロナ禍で加速するオフィスのフリーアドレス化対応などに提案する。価格は8万円(消費税・工事費抜き)で、初年度計3万台の販売を見込む。イーブロック用の充放電器はデスク、スタンドの2タイプを用意する。

イーブロックの重量は約3キログラムで、蓄電容量は304ワット時。設置場所が固定される定置用蓄電池と異なり、バッテリーと充放電器をセパレート型にしたため取り外して持ち運びできる。内蔵のリチウムイオン蓄電池の寿命は5年程度あるという。他のバッテリーを充電しておくことで交換しながら継続した電気供給が可能になる。従来型のポータブル電源は電池残量がなくなれば、コンセントのある場所まで電源装置ごと持ち運んで充電する必要があった。

日刊工業新聞2021年3月25日

関連する記事はこちら

特集