トヨタの実証都市「ウーブン・シティ」がついに着工!早くも3000者が参画意向

  • 1
  • 11
静岡県裾野市に建設のスマートシティー実証都市「ウーブン・シティ」のイメージ

トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市でスマートシティー「ウーブン・シティ」を着工した。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(乗り物のサービス化)といった先端技術の実証の場となる。豊田章男社長が構想を発表してから約1年。自動車メーカーが大規模な街づくりを手がける異例のプロジェクトが、いよいよ動きだす。

ウーブン・シティの起工式を行うトヨタの豊田章男社長(左)ら(トヨタ提供)

同日、地元関係者を招いて地鎮祭(写真)を行った。ウーブン・シティは2020年末に閉鎖した東富士工場の跡地に建設する。自動運転や人工知能(AI)、ロボットなど、次世代技術を軸とした新たな街づくりを模索する。まずは高齢者や子育て世代ら360人が入居し、将来はトヨタの従業員を含む2000人以上が生活する。

豊田社長は「多くの仲間とともに、多様性をもった人々が幸せに暮らせる未来を創造する」と抱負を述べた。足元で3000程度の企業・個人から参画の応募があるといい、業種の枠を超えた連携で未知なるプロジェクトに挑む。

日刊工業新聞2021年2月24日

キーワード

関連する記事はこちら

特集