シナノケンシの「電動3爪ロボハンド」、デンマークのユニバーサルロボットの製品認証取得

  • 0
  • 1
電動3爪ロボットハンド「ARH350A」

デンマークのユニバーサルロボット(UR)は、シナノケンシ(長野県上田市、金子元昭社長、0268・41・1800)の電動3爪ロボットハンド「ARH350A」をURの周辺機器プラットフォーム「UR+(プラス)」製品に認証した。把持力は50ニュートン、1台で大小さまざまなワークを把持できる。シナノケンシの電動3爪ロボットハンドがUR+の認証を受けるのは2019年11月の「ARH305A」に続き2例目。

ARH350Aは、ステッピングモーターを利用し、トルクや動作速度や開閉位置を制御できる。中空構造によりエアツールやカメラ、センサーなどを追加可能。把持力は既存モデルARH305Aの約10倍の50ニュートン。最大つかみ把持重量は3000グラム、最大つまみ把持重量は500グラム。

UR+製品はティーチペンダントを活用しロボットと製品を一貫で教示できる。

日刊工業新聞2021年2月17日

関連する記事はこちら

特集