三菱電機の「多用途搬送サービスロボットシステム」、3次元カメラで安全走行が可能に 

  • 0
  • 0
脱着型のカートをロボットがけん引

三菱電機は、自律走行ロボットを活用した「多用途搬送サービスロボットシステム」を開発した。脱着可能なカートをロボットがけん引する仕組み。形状や大きさが異なるカートをロボットに装着でき、多様な搬送物に対応する。まず病院や商業施設での活用を想定。実証を進め、2021年度以降の製品化を目指す。屋外利用を想定した製品の開発も視野に入れる。

流通業やサービス業などで、人手に依存する搬送作業の省力化を支援する。ロボットと荷台が一体型の場合、ロボットが迎えに来るまで荷物を積み込めなかったが、新システムは取り外したカートに事前に荷物を搭載でき、作業効率を高められる。

使用する自律走行ロボットは、反射光を検出して距離を測定するセンサーや3次元カメラなどを搭載し、周囲の状況を認識。人や障害物を回避する。複数のロボットの走行指示や運行管理を自動で行う「管制システム」により、安全な自律走行を実現する。

同社が提供するビル向けIoT(モノのインターネット)プラットフォーム(基盤)に接続することで、エレベーターや自動ドアなど施設内の設備を制御しながら、ロボットを活用できる。

日刊工業新聞2021年1月29日

キーワード
三菱電機

関連する記事はこちら

特集