自由自在に石こうボードを切断する装置、清水建設が開発

  • 0
  • 1
石こうボード切断作業支援装置「シミズ・ボードスプリッター」

清水建設は4日、石こうボードの切断作業を支援する装置「シミズ・ボードスプリッター=写真」を開発したと発表した。作業員が石こうボードをセットし、タッチパネルに切断形状や寸法を入力すると2本のカッターが石こうボードの両面から切り込みを入れる仕組み。

手で軽く触れるだけで石こうボードを容易に切り離すことができ、切断効率が最大で50%超向上する。

同装置は切り込みを入れるだけで、粉じんの発生量が少なく、切断面の凹凸がなくなり、ヤスリ仕上げも不要。市販のカッター刃を使用するため、ランニングコストも抑制できる。切り込みを深くすることで、きれいな切断面に仕上がる。

春日・後楽園駅前再開発建設所(東京都文京区)で、1万枚超の石こうボードの切断に使用。切断効率は従来の手作業に比べて歩掛かりで平均12%改善し、切り込みが多い場合で50%超向上した。

新装置開発は建築仕上げ工程の生産性向上策の一環。今後、清水建設は作業所内に石こうボード切断作業専用のヤードを設け、石こうボードの加工と施工を分離し、さらに生産性向上につなげる。

日刊工業新聞2020年11月9日

関連する記事はこちら

特集