鹿島、清水建、竹中がロボット施工・IoT分野で技術連携するワケ

  • 0
  • 3
清水建設が開発した搬送用ロボット

鹿島、清水建設、竹中工務店の3社は19日、ロボット施工・IoT(モノのインターネット)分野の技術連携に関する基本合意書を締結したと発表した。鹿島と竹中が2019年12月に開始した同分野の協業に、清水建が新たに参画する。開発したロボットや施工関連技術を相互利用し、生産コストや研究開発費の低減につなげ、施工ロボットなどの普及加速を目指す。

連携の対象は、ロボット、機械装置、ソフウェア、IoT技術など施工関連技術。新規の共同研究開発に加え、既存技術を向上・改良をした上で相互利用する。

国内の建設業は、生産年齢人口の減少や技能労働者の高齢化による就業者不足が予想されるため、新規入職者の確保や生産性向上、働き方改革の実現が喫緊の課題となっている。これに対し、ゼネコン各社は施工ロボットやIoT技術を活用した技術開発を急ぎ、対応を急いでいる。

ただ、個社で生産する施工ロボットは台数が限られ、量産による開発コストの回収が難しい。このためロボット本体価格が高額となり、普及の障害になっている。

一方で使用する協力会社にとっては、各社個別の開発ではロボットの機種が増加し、操作方法を習得することが負担となり、生産性向上の妨げになっているという。3社は量産化と機種が絞られることで、技能労働者のワークライフバンスの向上や処遇改善、若年層の入職促進にも寄与するとしている。

日刊工業新聞2020年10月20日

関連する記事はこちら

特集