神奈川・厚木市にロボコン競技施設、クラウドファンディング利用で開設

  • 0
  • 0
アンドロイド9がダンスを披露した(発表会)

MANOI企画(神奈川県厚木市、岡本正行社長、046・225・5210)は、神奈川県厚木市の複合施設、アミュー厚木内にロボット競技に使う迷路やパイプのコース、リングを備えた施設「あつぎロボットフィールド」をオープンした。利用料(消費税込み)は1日券が大人500円、高校生以下300円。ロボットゆうえんち(事務局=MANOI企画)が運営する。ロボのレンタルや販売も行う。

ロボットゆうえんちの事務スペースをフィールドに改装した。二足歩行ロボの格闘競技「ROBO―ONE」、自律ロボが迷路脱出の時間を競う「マイクロマウス」のほか、配管でできたコースを進む「パイプロボットタイムアタック」を設置した。玉乗りロボの競技場なども設置する考え。岡本社長は「クラウドファンディングを利用してオープンできた。ロボコンの振興に貢献したい」と意気込む。

オープンに先駆けて開いた発表会ではロボ9体によるアイドルユニット「アンドロイド9」によるダンスを披露。各種ロボコン団体代表からのビデオメッセージを紹介した。厚木商工会議所の中村幹夫会頭は「事業としての成功とともに、日本のロボット技術向上、人材育成に役立ってほしい」としている。

日刊工業新聞2020年9月16日

キーワード
ロボット ロボコン

関連する記事はこちら

特集