「ヤリス」のSUVモデル投入、トヨタ車初搭載の機能とは?

  • 0
  • 3
力強い車格を表現した「ヤリスクロス」

トヨタ自動車は主力小型車「ヤリス」シリーズに、スポーツ多目的車(SUV)モデル「ヤリスクロス」を追加し、31日に発売する。SUVならではの力強い車格を表現しつつ、クラス世界トップレベルの低燃費を達成。価格は179万8000―281万5000円(消費税込み)。トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)の大衡工場(同)と岩手工場(岩手県金ケ崎町)で生産し、月販4100台を目指す。

ヤリスと同様、小型車向けの新プラットフォーム(車台)を採用し、軽量で高剛性なボディーを実現。排気量1500ccエンジンを搭載したガソリン車と、ハイブリッド車(HV)を用意した。燃費はHVの2輪駆動(2WD)で、1リットル当たり30.8キロメートル(WLTCモード)。

安全装備では最新の予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティー・センス(TSS)」を標準装備し、高速走行中の強い横風を検知して車線からの逸脱を抑制する機能をトヨタ車で初めて搭載した。

日刊工業新聞2020年8月31日

キーワード
トヨタ自動車 SUV

関連する記事はこちら

特集