JAXA・東大と宇宙事業に挑むソニーの狙い

  • 0
  • 4

ソニーと宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大学は5日、「宇宙感動体験事業」の創出に向けた共同開発・技術実証契約を結んだと発表した。ソニーのカメラ機器を搭載した人工衛星の共同開発を始める。地上からリアルタイムで遠隔操作できるカメラシステムを人工衛星に構築する。撮影した宇宙空間の映像を地上に届けることを目指す。

同事業はソニーが主体となって技術実証と事業探索を行い、東大とJAXAが技術や検討などの支援をする。

ソニーはイメージングやセンシング、通信などの技術を生かして人工衛星のカメラ部分の開発やシステム構築を行う。同衛星で撮影した宇宙空間や地球などの映像を使った新たなコンテンツや体験などの「宇宙エンターテインメント」の創出を目指す。

東大は、人工衛星の基本機能や推進系の開発を支援する。JAXAは、技術支援や事業、研究計画の検討支援を行う。

日刊工業新聞2020年8月6日

キーワード
ソニー 宇宙 JAXA 東京大学

関連する記事はこちら

特集