「カローラ」にSUV登場、日本販売はいつ?

まずはタイから。日本は未定

  • 0
  • 0

トヨタ自動車は主力車種「カローラ」シリーズに、多目的スポーツ車(SUV)「カローラクロス」を追加した。シリーズ初のSUVとなり、すでにタイで販売を始めた。世界的に知名度の高いカローラにSUVを加えることで、同市場の深耕を加速する。タイを皮切りに、導入国を順次拡大する。

プラットフォーム(車台)には新設計思想「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を採用し、快適な乗り心地と静粛性を両立した。同クラスの車種で最大級の荷室スペースを確保したほか、安全装備も充実させた。

ハイブリッド車(HV)仕様と、排気量1800ccのガソリン車を用意し、タイでの販売価格は98万9000バーツ(約340万円)から。日本での発売は未定という。

トヨタは世界的な需要の高まりを受け、SUVのラインアップを拡充している。今秋には主力小型車「ヤリス」のSUVモデルを日本で発売する計画だ。

日刊工業新聞2020年7月21日

キーワード

関連する記事はこちら

特集