「早くあなたに会いたい」ー米国MUJI、破産の先を見据える

  • 0
  • 2
「muji」US公式ページより

「無印良品」を運営する良品計画は10日、米子会社が日本の民事再生法に相当する米連邦破産法第11条(チャプター11)の適用を申請したと発表した。負債総額は6400万ドルで、うち5300万ドルが良品計画に対する債務。会見した松崎暁社長は「チャプター11を申請したのは自らで再建するため」と説明し、法的手続きを経て再生を目指す。

新型コロナウイルス感染拡大で米国の全18店舗が営業を休止し、採算が悪化した。新型コロナ以前から、高い賃料など高コスト構造が問題だった。全店舗の3分の1程度にあたる不採算店の閉鎖や、賃料の減額交渉を進め事業構造を転換する。

同社の2020年3-5月期の連結決算は営業損益が28億円の赤字(前年同期は103億円の黒字)。新型コロナによる休業が影響し、1998年の上場以来初の営業赤字となった。

売上高にあたる営業収益は前年同期比29.9%減の787億円。経常損益は36億円の赤字(同96億円の黒字)、当期損益は41億円の赤字(同65億円の黒字)だった。

キーワード

関連する記事はこちら

特集