コロナ禍の新卒研修。ITベンチャーが気づいた良い点、悪い点

連載・コロナ禍の人材育成 ITベンチャーの事情 #02

  • 0
  • 3
オンライン新卒研修。課題は社員との交流だ(エイチーム提供)

エイチームは2020年度に57人の新卒者を迎えた。入社式はオンライン。新卒は入社して2カ月まともに出社できず、直接会えない同期もいた。だが顔と名前は覚えやすい。ビデオ会議では正面に向き合って会話するためだ。顔のすぐ下には氏名が表示されている。普通の世代とは少し違う社会人デビューを迎えている。(取材・小寺貴之)

エイチームはゲームや自動車、金融、結婚、ヘルスケア、就職、葬儀、自転車販売などの30以上の事業分野を抱える。従業員は1118人。この4年で倍以上に増えた。多様な事業を多様な人材が支える成長中のITベンチャーだ。中久木健大人事部長は「この3―4年で人事体制を整えてきた」と振り返る。

新卒向けには1カ月間の研修プログラムを用意している。コロナ禍を受け、急きょオンラインに切り替えた。ビジネススキルやプログラミングなど、30以上の研修を実施。人事企画の生田豪氏は「名刺交換や営業研修以外は、だいたいオンラインで実施できた」と胸をなで下ろす。

知識や考え方を教えるプログラムはオンラインで実施しやすい。名刺交換など、実践部分は工夫が必要だ。課題は新卒と社員の交流だ。中久木部長は「新卒者がエイチームを信用する早さが変わるかもしれない」と指摘する。新卒は上司や先輩以外にも、職場でいろんな出来事を見聞きし、会社や社員のいいところを見つける。自分が直接助けてもらわなくても、人と人のやりとりを聞いて会社の雰囲気をつかんでいく。

オンラインだと画面にない情報は届かない。今後、社内の勉強会やイベント、職種横断的なプログラミング研修など、いろんな人をみる場を作っていく。

コロナ後のニューノーマル(新常態)に向けた、社会の歪みを受けた最初の世代だ。何か不備があると「コロナで教わらなかったから」とささやかれる可能性がある。コロナの世代は、ゆとり世代のようにやゆされる世代になるかもしれない。中久木部長は「人事は一人ひとりの個性と向き合うことが大切。レッテルを貼るのは不毛だ」と断言する。

日刊工業新聞2020年7月2日

COMMENT

小寺貴之
編集局中小企業部
記者

新卒採用も新人育成も急きょオンラインに移行したため、採る側も受ける側も、教える側も学ぶ側も手探りが続きました。今後十年ほどは、印象深い年になると思います。このコロナ世代は、ゆとり世代のように揶揄されるのでしょうか。こうした言説はあんまり意味がないと思います。それ以上に、混沌とした時代に社会人デビューした世代や、21年度以降の、より多様で難しい雇用環境に挑む世代として評価されていくと思います。

関連する記事はこちら

特集