良い気分を売れば景気悪化に耐えられる。テレビでも注目「古着deワクチン」の秘訣

  • 0
  • 2
日本で回収した古着を途上国で販売。資源循環にも貢献

日本リユースシステム(東京都港区)は、不用となった商品を海外で販売している。山田正人社長は「リユース業とは思っていない。“捨てさせない屋”だ」と紹介したかと思えば、「“何屋”と狭めたくない」とも力を込める。さらに「アドベンチャー企業だ。一定のルールの中で、未知なるものを追求している」と、チェンジメーカー(社会変革の担い手)をほうふつとさせる。

簡単に企業像をつかめないが、同社が運営する「古着deワクチン」を知っている人は多い。女性誌やテレビ番組で紹介される機会が増えているからだ。「古着deワクチン」は利用者が1口3300円を支払い、自宅に届いた回収キットに衣類などをつめて送り返す。すると「世界の子どもにワクチンを日本委員会」を通じてポリオワクチンが途上国に寄付され、衣類も途上国で販売される。

価値分かち合う

この仕組みの価値は、子ども支援や資源の有効利用にとどまらない。回収キットの発送で国内の障がい者雇用、衣類の販売で途上国の経済にも役立つ。利用者も不用な衣類を整理することで、社会や環境に貢献できる。すべての関係者が、価値を分かち合える。

会社設立は2005年。「テレビで見たリサイクルショップの社長に会いに行った」(山田社長)ことをきっかけに、中古品の輸出を始めた。順調だったが、08年からの経済危機で在庫を抱えた。途方に暮れていると、募金をする人を見てひらめいた。「人間には良いことをして満足したい気持ちがある。良い気分を売れば、景気悪化にも耐えられる」と考え、「古着deワクチン」を思いついた。

10年のサービス開始時、「時間をかけ、10年後に評価されるようになろう」と決意。社会からの信頼獲得を優先し、ポリオ寄付の実績を積み上げてきた。そして19年末、政府が持続可能な開発目標(SDGs)の優秀な取り組みを表彰する「ジャパンSDGsアワード」を受賞し、評価が定まった。

伝統衣装に再生

BuySell Technologiesと連携し、中古着物をモンゴルの伝統衣装に再生する「お針子事業」も評価が高い。モンゴルの著名人が着用して発信することで、経済や文化にも貢献している。

中古着物をモンゴル伝統衣装に再生

利益と課題解決が結びついたビジネスを発明する秘訣(ひけつ)はあるのか。山田社長は「お互いの利益を考えている。みんなが楽しいことが、正しいこと」と語る。社会活動家のようだが、自身は「笑売人」という。

日刊工業新聞2020年5月29日

COMMENT

松木喬
編集局第二産業部
編集委員

捨てさせない屋、アドベンチャー企業、笑売人。ポンポンと言葉が出てきますが、コンサルでも、ピッチに出てくるメンターでもありません。素なのだと思います。書き込めませんでしたが、日本で集めた中古品を選別せずに輸出しているそうです。国内のリサイクルショップで買い取ってくれない残りの中古品の輸出ではないので、中古品といえども品質が良く、海外で信頼されているそうです。5月29日付「SDGs面」から

関連する記事はこちら

特集