「商品投球数をボードに表示」少年野球の新ルールに対応したカウンターが登場

  • 0
  • 0

ホーコーズ(福井市、番場光太郎社長、0776・21・5722)は、少年野球の投球数制限の新ルールに合わせた商品「カウンター君=写真」を23日に発売する。1球ごとに手で大判の数札をめくり、グラウンド内に分かりやすく、両チームの投手球数を示す。インターネットの自社サイトなどを通じ初年度に1000台の販売を目指す。

価格は基本仕様が消費税抜きで2万8000円(送料込み)、ボール・ストライク・アウト(BSO)も表示する仕様が3万9800円(同)、それぞれ収納バッグ付き。

樹脂被覆の鉄パイプと継ぎ手で組み立てて、数札は軟質樹脂製。高さは137センチ―128センチメートルの範囲で調節でき、子どもだけで扱える。重量は4・3キログラム(標準仕様)。

同社は大型サイズなどの特殊印刷サービスが本業。印刷表示の知見で球数制限ルールに伴う需要に着目した。(福井)

キーワード
ホーコーズ 少年野球

関連する記事はこちら

特集