非接触で手を除菌、かざすだけで液噴霧「必要な人にこそ使ってもらいたい」

  • 0
  • 0

渡辺製作所(大阪府豊中市、渡辺正雄社長、06・6332・9881)は、非接触で手を除菌できるアルコール噴霧装置「リキッドジェット」を拡販する。これまでは装置のみの販売だったが、充填用の除菌液も確保しセットで5月初旬から販売する。月1000台を供給できる。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2月以降引き合いが増えた状況に対応する。

リキッドジェットは上から手をかざすとセンサーが反応し、本体に触れずに除菌液が噴霧される。本体は幅130ミリ×奥行き120ミリ×高さ123ミリメートルとコンパクト。電池式のため、企業や飲食店の入り口などに気軽に置ける。消費税、送料込みの価格は約2万円。

1回の充填量である80ccのエタノール除菌液を付属する。噴霧モードにもよるが、400―800回程度使用可能という。除菌液は追加購入できる。

渡辺製作所はプラスチック成形を手がける。初の自社商品として2018年にリキッドジェットを発売。これまでに500―600台が売れたが、新型ウイルスの感染拡大に伴い除菌用のアルコールが入手しにくくなり、顧客から除菌液販売の要望が出ていた。

取引先の協力を得て本体販売数に十分対応できる量の除菌液を確保したという。同商品は1台から購入可能。商品を企画した渡辺安雄専務は「必要な人にこそ使ってもらいたい」と話す。今後海外への拡販も検討する。

日刊工業新聞2020年4月7日

関連する記事はこちら

特集