「未踏事業」はITの奇才を育むのか。創設者と卒業生最多のPFN社長が語り合う

没頭することをよしとする教育でぶっ飛ぶことを誇りに

  • 1
  • 6
プリファードネットワークスの西川徹社長(左)と竹内郁雄東大名誉教授(東京・大手町のPFN本社にて)

突出したIT人材の発掘と育成を目指して2000年に始まった経済産業省・情報処理推進機構(IPA)の未踏事業。これまでにのべ約1700人を輩出し、これをきっかけに起業したスタートアップの企業価値は総額およそ6000億円とされる。その代表格が人工知能(AI)開発で大手企業から引く手あまたの「プリファードネットワークス(PFN)」。同社の西川徹社長と、未踏事業の創設者のひとりで、現在は同事業の統括プロジェクトマネージャーである竹内郁雄東京大学名誉教授が、イノベーションをけん引する人材像について語り合う。

突出した才能どう束ねる

竹内 ゆっくりお話するのは10年ぶりですが、会社もずいぶん成長されました ね。

西川 プログラミングコンテスト世界大会に出場した仲間と大学の友人6人でPFNの前身となる「プリファードインフラストラクチャー(PFI)」を設立してから、14年になります。2014年にはIoTにフォーカスしたリアルタイム機械学習技術のビジネス活用を目的に、PFNを設立しましたが、おかげさまで従業員は300人を数えます。

竹内 6人でスタートして、300人。たいしたものです。岡野原君(共同創業者で現副社長の岡野原大輔氏)は未踏出身者でしたが、他にもいるの。

西川 未踏事業の卒業生は少なくとも13人ほどいます。

竹内 日本企業で最多じゃないかな。突出した才能をチームとして生かしながら企業成長を遂げている点は、注目すべきことだと思いますよ。僕も統括プロジェクトマネージャーとして事業にかかわっていますが、応募者の中には「プリファードでインターンシップ経験があり」とのプロフィルをよく目にします。採用面ではどんな点を重視しているのですか。

西川 まずはコンピューターサイエンスを学んだ人であること。コーディングの試験については社内でも賛否がありますが、僕はやるべきだと主張しています。理論を理解した上でそれを実践する力があるかを重視するからです。またPFNでインターンを経験してもらった学生に応募してもらった場合には、どのように課題を見出し、困難に直面した時にどのように対処していたか、インターン期間中の2か月間の働き方も参考にしています。

卒業生の活躍とともに事業の知名度も

竹内 僕は岡野原君が大学2年生の時に指導しましたが、いま、二人の役割分担はどのように。

西川 彼が研究を担当し、僕がビジネス戦略を担うといったことを考えたこともありますが、実はそこまで明確に定めていないんです。そもそも僕は事業計画を立てることがあまり好きではなく(笑)。物事が計画通りに進むのが面白くないんですよ。よってビジネス面でも数字に強い岡野原に担ってもらっている部分も大いにあります。

竹内 PFNを立ち上げる前は検索エンジンを開発していましたが、転換点となったのは、(AIの中核技術とされる)深層学習(ディープラーニング)がターニングポイントになったと聞いています。この技術に目を付けたのはどちらだったの。

西川 ニューラルネットワークに着目していたのは岡野原ですが、当時やっていたトラディショナルな機械学習からの進路変更を言い出したのは僕かな。

竹内 ディープラーニング技術の実世界への応用を目指し、フレームワークの開発や、研究開発を支える大規模クラスターの構築を進めてこられたようですが、こうした取り組みをさらに加速させるためディープラーニングを高速化する専用プロセッサーを開発しようと言い出したのは、西川さんですか。

西川 そうですね。もともと僕はコンピューターを作って見たかったので。

竹内 未踏は、天才プログラマーを育てる取り組みとして2000年にミレニアム事業として始まりました。当時は未踏だけでなく、さまざまな事業がありましたが、20年も継続している事業は極めて珍しい。教育百年の計と言われるように、この事業は短期で終わらせてはならないと言い続けてきました。

「未踏デモデー」。奇才たちの発想が世の中を驚かせる

西川 僕は採択されたのは2005年度でした。5年目ですね。

竹内 最初の5年ほどは産業界にもほとんど知られていない存在でしたが、10年を過ぎた頃から西川さんをはじめとする未踏出身者の活躍がめざましく、それに比例して事業そのものの認知度も高まり成果が評価されるようになりました。

これからのIT人材像について語り合う竹内東大名誉教授(写真奥)とプリファードネットワークス西川社長

奇才を育み続けて20年となる経済産業省・情報処理推進機構(IPA)の未踏事業。気鋭のエンジニア集団を率いて人工知能(AI)開発をリードするプリファードネットワークス(PFN)の西川徹社長と創設時から未踏事業に携わる竹内郁雄東京大学名誉教授の対談後編。話題はこれからの教育のあり方にも広がっていく。

プログラミングに魅せられて

竹内 西川さんは、幼い頃はどんな少年だったんですか。

西川 パソコンに興味を持ったのは小学4年生の頃で、父の持っていたBASICの入門書を読んではまってしまい、でも当時はまだパソコンは買ってもらえなかったので、紙にソースコードを書いて遊んでいました。自分のパソコンを手にしてからは、プログラミングに明け暮れ、だんだんプログラミングだけでなく、そもそもコンピュータはどうして動くんだろうと根本的な部分が知りたくなりました。さらにネットワークやハードウエアに興味がわき、迷わず平木研究室(東京大学大学院情報理工学系研究科の平木敬教授の研究室)に入りました。

竹内 あそこは面白いよね。平木先生、今も会社に来られることがあるとか。

西川 ええ。実は今は平木先生にもフルタイムで参加して頂いているんです。

竹内 最初はお呼びしたんじゃないの。

西川 いや、その時は、先生が話したいことがあるからといらして。以前からプロセッサーのボードや高周波をどう扱うかなどアナログ的な部分でのアドバイスを頂いていましたが、ある日、先生からPFNで一緒にスパコンを創りたいと。月に1回ほどメンバー向けに講義もして頂いています。

竹内 岡野原君とは大学で出会ったんだっけ。

西川 そうです。学部1年生で同じクラスになり、それ以来の付き合いです。彼が未踏事業で作った検索エンジンの上にアプリケーションを載せたいという話をしていたのでそれを手伝いながら、高性能な検索エンジンを作ってこれを事業化したいねと夢を語っていました。

竹内 それが(PFNの前身である)プリファードインフラストラクチャー(PFI)だよね。起業したのは大学院生の時ですが、将来展望はあったのですか。

西川 当時は米IBMやインテルへの就職も考えていました。ただ、バイオベンチャーでアルバイトをしたことをきっかけに、小さな組織で自分のやりたいことを自由にできる選択肢があることを知り、起業を決意しました。でも、自己資金などほとんどなく、未踏を通じた支援がなければ不可能でした。

創業期も支えてくれた

竹内 ビジネスは順調に軌道に乗ったの。

西川 いや、初めはまったく。創業メンバーは皆、エンジニアなので稼ぎ方はもちろん、会社の設立方法さえ分からない。そんな時に力となってくれたのもやはり未踏でした。法務や財務、知的財産権など起業にまつわる相談に乗ってくれる専門家を紹介してくれる制度を利用することで、助かりました。当時、お世話になった会計事務所にはいまも一部業務をお願いしています。

竹内 未踏事業の魅力のひとつは多彩な人脈だと思います。日本のみならず米シリコンバレーで活躍する人も多いよね。こうした人的なつながりも成長の原動力になったのでは。

西川 その通りです。PFI創業初期のメンバーだった太田君(トレジャーデータの共同創業者の太田一樹氏)も未踏つながりです。話してみたら意気投合してうちの会社で働いてくれました。

奇才たちの「未踏人脈」が将来の大きな糧に。未踏での合宿の一コマ

竹内 その太田君が自身の起業にあたり「すごいやつがいる」と仲間に引き入れたのが、当時筑波大学の大学院生で、PFIでインターン生として働いていた古橋(貞之)君とか。そのトレジャーデータは米シリコンバレーで起業し、日本に逆上陸し、成長を遂げていますよね。その背景にはこうした未踏人脈があるんだなあ。

西川 皆、非常に刺激的な仲間ですよ。

竹内 未踏は、独創的な才能を持った人を個人として伸ばす事業です。将来は研究者になってもいいし、企業で活躍してもいい。大切なのはこうした人材が交流するところから新たなイノベーションが生まれること。技術進展がめざましいからこそ、短期的な結果にとらわれず、長い目で若い人たちの成長を後押しする視点が一層求められると実感します。

西川 僕は、何かに没頭することを前向きに捉える社会になってほしいと思っています。僕自身、幼い頃、何時間でもプログラミングをすることが楽しかったように、皆それぞれに、スポーツでも音楽でも誰しも打ち込むものがあったはず。しかし、日本の教育では平均的に学んでいきます。一般社会にいたら、規格外な人かもしれないが、没頭できる、ぶっ飛ぶことを誇りに思えるような社会になってほしい。小学校でのプログラミングが必修科目になりますが、小学生にアルゴリズムの説明から始めてもおそらく興味を持ってもらえないでしょう。コンピュータって面白い、プログラミングが楽しいと感じてもらい、没頭することをよしとする教育が、未来のIT人材を育てる一歩になるのではないでしょうか。

竹内 全く同感です。突出した才能を育む原動力は知的好奇心と、さまざまな刺激を受けて、もっと知りたい、課題を克服したいというハングリー精神です。若い人たちにこうした場を提供する視点からも、未踏事業が果たす役割には期待が寄せられるでしょう。

【対談後記】
 西川さんとの対談で一番印象的だったのが「岡野原と僕は経営トップの二人だけど、技術課題に没頭している時が一番楽しい。経営だけを考えていたくはないというのが本音」との発言。何とも強烈なテック人材だ。こうした企業がユニコーン(企業価値10億ドル以上の未上場企業)になれることに、まだまだ日本の未来は明るいと感じた。
 未踏事業は、米国の民間シードアクセラレータと異なり、日本のITの発展に寄与する多彩な人材をバランスよく輩出している。こうした人材がテックなエコシステムを形成し、力を発揮できる環境整備を進めるところに国の事業としての意義がある。こうした中から第二、第三のPFNが生まれるのだろう。(竹内)

関連する記事はこちら

特集