国内3社目の育児用液体ミルク、雪印ビーンスタークが4月に発売 

  • 0
  • 0

雪印ビーンスターク(東京都新宿区)は育児用液体ミルク「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1=写真」を4月下旬に発売する。0カ月から1歳の乳児が対象で、母乳に含まれる「オステオポンチン」「DHA」「シアル酸」「母乳オリゴ糖」「カルシウム」を摂取できる。温めが必要なく、哺乳瓶にいれてそのまま赤ちゃんに与えることができる。災害時にも安全・安心なスチール缶を採用。価格は200ミリリットル215円(消費税抜き)、200ミリリットル×6缶で1290円(同)。賞味期間は180日。

【関連記事】
日本初の液体ミルク、グリコが「白さ」に徹底的にこだわったワケ
明治の液体ミルクはなぜ頑強なスチール缶なのか?
災害時に赤ちゃんの命を守る「ミルク」備蓄していない避難所6割近くに

日刊工業新聞2020年1月31日

COMMENT

昆梓紗
デジタルメディア局
記者・編集者

江崎グリコ、明治に続き3社目の参入です。種類によって飲む、飲まないの好みがある赤ちゃんもいますので、選択肢が増えるのはよいことだと思います。

関連する記事はこちら

特集