かざすだけで充電「スマート社員証」って何だ?

  • 1
  • 0
カードの指紋認証部に指が触れると無線で結果を送り解錠する

戸田建設は旭光電機(神戸市兵庫区、畠田真一社長、078・515・8601)、村田製作所などと共同で、スマート社員証システムを開発した。村田製作所が開発した直流磁界共鳴ワイヤレス給電技術や二次電池、センサーなどを内蔵。リーダーにかざすだけで充電できる。3月まで戸田建設施設内で実証し、4月にも旭光電機などが警備会社やビル管理会社を中心に提案する。

カードの電子化では電源部分の薄型化や充電方法が課題だった。今回、コンパクトな回路による薄型ワイヤレス電源を開発し、厚さ4・5ミリメートル、重さ約21グラムにした。充電方法も、専用充電器だけでなく、RFID(無線識別)リーダーにかざして充電できるようにした。

指紋認証機能を搭載し、本人のみが利用できる。また、在席しているか把握する機能を持たせ、フリーアドレス導入事業所で使いやすい。最少1人の事業所でも導入できる。電子ペーパー上に氏名や連絡先などの社員情報を配し、電源が落ちても社員証情報表示は消えないようにした。

村田製作所のワイヤレス給電技術などのほか、旭光電機が電子回路を設計し、アンシス・ジャパンが磁界シミュレーションした。

ほかに凸版印刷の電子ペーパー、タケチ(大阪府吹田市)の磁性シート、藤倉化成の電子材料といった技術を採用した。

戸田建設は異業種とのオープンイノベーションを目的とした特定プロジェクト室(京都府長岡京市)で実証を進める。

日刊工業新聞2020年1月31日

キーワード
戸田建設 村田製作所

関連する記事はこちら

特集