シャープの「電子黒板」にマイクロソフトが協力する理由

  • 0
  • 0

シャープは22日、オフィス向けの70型4Kタッチ型電子黒板「PN―CD701=写真」を3月に発売すると発表した。米マイクロソフト(MS)が定めるビジネス用電子黒板の規格の認証を世界で初めて取得。「ウィンドウズ10」を搭載したパソコンと接続すると、MSが提供するクラウドサービスやアプリケーション(応用ソフト)を快適に使用できる。想定価格は103万円(消費税抜き)前後。

重さは約65キログラム。USB規格「タイプC」に対応。ケーブル1本で簡単に接続でき、PCへ給電もできる。近距離無線通信「ブルートゥース」にも対応している。

カメラやマイクを標準搭載しており、コミュニケーションサービス「マイクロソフト チームズ」のテレビ会議を高音質・高画質で利用できる。温湿度や二酸化炭素濃度を計測できるセンサーもあり、今後は設置環境のデータを収集・分析するサービスの提供も検討している。

オフィス向け電子黒板の高級モデルとして投入する。当初月産台数は1000台の計画で、そのうち200台程度が国内向け。2019年10月から欧州で先行発売しており、今後は米国やアジアでの展開も見据える。

日刊工業新聞2020年1月23日

COMMENT

国広伽奈子
編集局第一産業部
記者

他のOSでも使用できますが、ウィンドウズ10で操作性や音質など能力を最大限発揮します。相性の良さを強みに両社製品の拡販を狙います。8K化ついてはコンテンツの充実や市場のニーズ次第になるとのこと。オフィス用途は未知数ですが、例えば博物館や美術館ではタッチディスプレーを用いた作品鑑賞の用途が想定されます。

関連する記事はこちら

特集