韓国人の乗客数7割減、「福岡―釜山」の旅はいつ復活?

来年新型船投入のJR九州社長「お客さまは戻ってくる」

 「しばらく耐えるしかない」と苦しい表情なのは、JR九州社長の青柳俊彦さん。政治の影響で韓国からの観光客が減少しており、特に福岡―釜山を結ぶ高速船が厳しい。

 8月の乗客数は、韓国人が前年比7割減、日本人も同3割減った。国同士の関係回復は「長期戦になりそう」とし、減便によるコスト低減で運航を維持する状況だ。

 2020年7月の就航に向け、アルミニウムボディーの新型船を建造中。地道に民間交流を続ければ「お客さまは戻ってくる」と“軽々と”国境を越える人が戻る日を待つ。(

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。