三菱電機が鉄道を軸にした「MasS」を加速する

社会インフラを高度化

写真はイメージ
 三菱電機はIoT(モノのインターネット)共通基盤を活用し、鉄道を軸としたMaaS(乗り物のサービス化)向けソリューション開発を加速する。社会インフラ分野のIoT事業推進組織を新設し、鉄道会社のサービス向上に役立つ価値提供を目指す。鉄道や自動車などの“移動革命”の実現に対してIoTや人工知能(AI)技術で貢献する。

 三菱電機は社会システム事業本部内に「社会インフラ・プラットフォーム事業推進プロジェクトグループ」を4月に立ち上げた。鉄道や上下水道などの監視制御システムを手がける神戸製作所(神戸市兵庫区)などの工場や研究所から兼務を含めて人員を集め、小規模から始める。

 同社独自のIoT共通基盤「インフォプリズム」をMaaS向けソリューション開発の中核とする。社会・電力インフラを主対象とし、鉄道会社などから提供された各種データをAI解析にかけ、顧客の課題解決につなげる。

 同社の鉄道関連事業は列車運行管理やダイヤ作成支援システム、車両用デジタルサイネージ(電子看板)など幅広い。インフォプリズムを活用し、乗客のスマートフォンと連携した情報提供や乗客数に応じた社内アナウンスの高度化などのソリューションを開発する。

 国内は大都市と中規模都市の中心部で公共交通が整っているが、それ以外の地域は自家用車に強く依存する構造だ。公共交通の代表格である鉄道の利便性向上や、自動車との相乗効果拡大などがMaaSの社会実装に向けた大きな課題となる。

<関連記事>

EV部品まからロボットまで。老舗重電メーカーの華麗なる変身


                 


日刊工業新聞2019年9月10日

関連する記事はこちら

特集