猛暑でこれからまだまだ売れるぞ、「フラッペと言えばファミマ!」

来年には新フレーバーも

 気温の上昇で、ファミリーマートのフラッペが売れている。販売数は、7月22日から29日までで、前週同期間比20%増となった。大手コンビニの中でも商品数が多く、「フラッペと言えばファミマ」を目指し、市場をけん引する。

 現在、コーヒー味のカフェフラッペのほか数量限定のストロベリーフラッペ、ソーダバニラフラッペなど8種類あり、価格は消費税込みで258円から330円。「メロンジェラートフラッペが売れ行きナンバーワン」(ファミリーマート)という。

 フラッペは2014年の市場投入以来、約1億5000万杯を販売しており、定番商品となった。今夏も高気温が続くと予想され「まだまだ販売数は伸びそう」(同)と期待を寄せる。

 凍ったフラッペを少し揉んで柔らかくし、コーヒーマシンから出る暖かいミルクを注げば、できあがる。購入者の7割が女性で、店内で簡単に作れる手軽さも人気の理由だ。来年には新たなフレーバーを投入するなど、さらに強化を図る。

日刊工業新聞2019年8月12日

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。